気が緩んだらしっかり増えた体重

ここ最近、上手く行った糖質制限ダイエットのお陰で体重が減ってきた事を良い事に、運動とかかなりサボってきていました。そのツケがしっかりと体重に表れてきてしまったのです。これではせっかく順調に痩せたのも水の泡になってしまいますね。

ここはまた初心に戻って、しっかりと運動をしていこうと思います。私の場合、運動と言っても、そこまでハードなものではありません。ちょっと昔に流行ったコアリズムや、ダンスセントラルのゲームを使用した運動です。

単調なストレッチや運動は飽きてしまって、私の性格では続かないのですが、ダンスなら楽しいですし、好きな曲に合わせて踊れるので楽しみながら続けられるのが気に入っています。好きな曲で踊ってカロリー消費なんて美味しい話だと思います。でも、夏にダンスをすると、かなり汗だくになって、デトックス効果もあるので痩せやすくなるんですよ。

旦那が休みの日は必然と、3食とも糖質制限が出来なくなってしまうので、せめて運動を復活させて、また痩せ体質になってみようと思います。それにしても、一度運動を止めてしまうと、元々体を動かすのが好きではないので億劫になりますね。でもそんな自分の言い訳や甘えは捨てて頑張ります。

確実に痩せにくくなってきているので40代がダイエットに成功情報サイトなどを参考にして頑張って痩せたいです!

家計簿はつけているけれど

毎日家計簿をつけています。どのお店でいくら使ったか、項目も衣食住くらいの簡単な仕分け方にすることで、長続きさせるように努力しています。これでもう2年ぐらい続いているでしょうか。

毎月きちんと計算して、反省点を出し、来月の節約に生かしたいという願いでつけている訳ですが、一向に無駄が改善されることがないというのはどういうことなのでしょうか?どんなに切りつめても、外食を控えても、衣類を買わなくても毎月の出費はほとんど一緒か、もしくは少し高くなってしまいます。

努力しているはずなんだけれど、これはまさに物価が上がっているという証拠なのでしょうか?光熱費も節約している割には全く反映されていません。値上がりのお知らせは次々にやってきます。

一体何のために家計簿をつけてまで節約しているのか訳が分からなくなってしまいます。前月や前年度の同じ時期より安くなれば、苦労も報われそうなものですが、それがないのですがらやりきれません。

それでも2年も続けていると一種の習慣のようになり、毎日欠かさずつけています。月末には主人に家計簿を見せて主人にも反省してもらいます。無駄ではないことを信じながら頑張って行くより仕方ありません。

野球を見に行きます。

以前は、野球観戦…と言ってもテレビで見る事が(球場には3回位しか行った事がない)多かった。今はまったく見ません。父親が大阪神ファン(今でもトラグッズがあります)で、自然に家のテレビで野球が映っていた、と言うのもあるけれど…。

その影響で、私が高校生の頃はPL学園のファンになり、それこそKKコンビ、桑田選手と清原選手(私は桑田選手ファン)を良く見ていました。これで、年代が分かりそうですね。怖いな。

桑田選手がプロになり、宮城県の仙台の球場に来た時に、球場に行く位でした。所が、今度、それこそ楽天!スタジアムに行く事になりました。

友達が会社からチケットをもらったらしく、友達は野球なんかに全然興味ないけど、スタジアムでビールを飲みたい!というだけで行こうと言うのです。以前、野球好きだった私を今もそうだと思い、誘ってくれたのです。

今は、正直、見るならサッカーなんですけどね。しかし、楽天のスタジアムに行った事ないし、ネットで調べてみたら今ってピザやスパゲティなどの売店もあるんですよね。ケンタッキーまで…。ビールとつまみのイメージじゃないですね。

それを見たら、行ってもいいな!と思ってしまいました。友達はビール…自分は食べ物…につられて野球を見に行く人って結構いたりして。でも、せめて有名な選手位は確認して行こう!と思います。